硬化してきたら交換が目安となる

水道業者

排水ホースの寿命

排水設備で使用されている排水ホースの耐久性についてご質問がありましたのでご紹介しておきます。洗面所の洗面台や台所のシンクの排水ホースとは、シンク下に取り付けられた排水用の部品のひとつのことです。
シンクの下に取り付けられている収納内部を覗いてみると見えるのが、「排水ホース」です。蛇口から吐水された水は排水口から流れて、この中を通って排水管へと流れていきます。排水ホースが劣化したり亀裂が入ってしまえば、排水や汚水が棚の中で水が漏れだしてしまいます。
こうなる前兆としてよくあるケースを下記でご紹介しておきますのでトラブルがないか目安としてお考えください、
●シンク下の収納内部が水浸しになっていた。
●床下から悪臭が漂ってくる。
●収納内部がいつもと比べて湿気ている。
●シンクと床の隙間から水が漏れてくる。
このようなトラブルが発生していた場合には、排水ホースから水漏れしている可能性があります。レンタルの場合でいきなり大量の水が漏れてくるということもなく床全体がびしょ濡れになるような大規模な事態をイメージをする方も多いかもしれませんが、現実にはそうではないケースが大多数です。
排水ホースに生じてしまった亀裂や破損がごく小規模な場合ですと、排水が漏れ出てしまう量が少なく水漏れを発見することが遅れる!というケースも実際にあります。

自力で便器の詰まりを解決 風呂の排水口が詰まった
水まわりのコラム
判断するのも大切 お風呂場の詰まりの原因

排水ホースにできた亀裂や破損をそのままにしておいても状況が改善することがありません。少しずつ水漏れが進行していき、ケースによっては、大規模な二次的被害が発生する可能性もあります。
排水ホースの種類は、以下のように区別できます。
●ネジ式排水ホース
●差込式排水ホース
●Y字型排水ホース
です。一般的なのがネジ式排水ホースで、ホースと取り付け用ネジが組み合わさったタイプでホームセンターやDIYショップで容易に購入することができます。取り付け方法は、ホース本体をくるくると回してシンクの排水栓に取り付けられるというメリットがあります。
上記でご紹介した排水ホースで特に注意したいことは、設置から10年以上が経過していて弾力性がなくなってしまっているものです。分かりやすく言えば、せんべいみたいにパリパリになってしまっているとか手で触ってもクッション性がなくなっている予定になっています。
排水ホースの素材は年月の経過と共に徐々に硬くなり少しの刺激でも穴が開いたり亀裂が入ったりしやすくなります。
ですから、一度状況をチェックしてみてはいかがでしょうか?現在、トラブルが発生していなくても上記のような症状があれば予防のために交換を検討することがよいでしょう。


ナプキンやおむつを排水した! 排水口に物を落とす
水道修理業者
お風呂の意外な弱点 パイプやホースから水漏れる

基本料金
受付からの手順


受付センター
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.