トイレを詰まらせないための対策

水道業者

ペットの排泄物や猫砂にも注意

室内でペットを飼育していることが多くなっていて、賃貸マンションや賃貸アパートでもペットを飼ってもいいとの条件で賃貸募集をしている物件も多くなってきました。しかし、室内でペットと暮らすことにおいて注意が必要なことがあります。
困ってしまうことは、ペットの糞だけではありません。実は、ペットシートや猫砂がトイレ詰まりの原因になってしまうケースが多くあります。ペット用品の取扱説明書には、「水に溶けるのでトイレから流せる」ことをウリにしている商品もあります。ですが、水に溶けやすいトイレットペーパーだけで、トイレ詰まりの原因になることもあります。
いい換えれば、水に溶けるペット用アイテムであっても排水詰まりが起きてしまうということになります。
大量にペットの糞や猫砂などを便器から流していると排水管内で塊になって水の流れをせき止めてしまうことがあります。特に猫砂は、一度に大量に流してしまうケースが多く、節水型のトイレを設置されている場合には、一度に洗浄水が流れていく水量が少量でしから完全に下水管に流れていかなく排水経路上で残存してしまうことがあります。
またペットの糞は人間の排泄物と異なり軽く粘着性があるので完全に流れ切らないことがありますので十分に注意してください。
基本的にトイレに流せるものは、水に溶けるものだけです。ペット用の水に溶けるアイテムは、きちんと溶けきる少量を何回かに分けたりしてトイレを詰まらせないように流すようにしてください。

猫砂がトイレを詰まらせてしまった場合、以下の手順を試してみてください。

トイレの水を抜く
トイレの水を抜くことで、トイレが詰まっている箇所にアクセスしやすくなります。水を抜く方法は、トイレのタンク内のフロートボールを引き上げ、水の流れを止めることです。 ラバーカップを使用する
猫砂を沈めた後、ラバーカップを使用してトイレをもう一度試してみてください。
ドレンクリーナーを使用する
ラバーカップを使用しても渋滞が解消されない場合、ドレンクリーナーを使用してください。
水道業者を手配する
上記の手順で内容が解消されない場合、プロの水道屋に依頼して解決します。トイレの詰まりを解消するための専門的な機器と知識を持っています。
猫砂がトイレを詰まらせるのを防ぐために適度な量を使用し定期的にトイレを掃除してください。また、猫砂をフラッシュしないでください。猫砂はトイレットペーパーとは異なり、水に溶けないため、セメントの原因になります。

便器の排水溝で粘着するペットの糞

ペットの糞が便器の排水溝に粘着した場合、以下の手順を試してみることができます。

1:ゴム手袋を着用して作業するか、手を保護するためにビニール手袋を使用してください。
ペットの糞が排水溝に付着している箇所を目視で確認します。
2:ペーパータオルやティッシュペーパーを使って、排水溝の周りや付着している糞をできるだけ取り除きます。この時、できるだけ直接手で触れないようにすることが重要です。
3:排水溝に熱湯を注ぎます。熱湯は排水溝の詰まりを解消し、糞の粘着を和らげる助けになります。ただし、便器の素材によっては高温の水を使用すると破損する恐れがあるため、注意が必要です。
4:排水溝用の洗剤や台所用洗剤を使用して、糞の粘着を緩和させます。洗剤を適量注ぎ、ブラシや歯ブラシなどで排水溝の表面をこすります。しかし、使用する洗剤には便器の素材や洗剤の成分に注意し、使用方法に従ってください。
5:最後に、再び熱湯を注ぎます。熱湯は残っている糞や洗剤を流し出す助けになります。

ただし、上記の手順で問題が解決しない場合や、便器や排水溝に損傷がある場合には、専門家や配管業者に相談することをおすすめします。彼らは適切な方法で問題を解決し、状況に応じたアドバイスを提供してくれるでしょう。また、ペットの糞が便器に再び付着しないように、ペットのトイレトレーニングや適切な処理方法を検討することも重要です。

ペットの糞が原因の個人ができる解決法
ペットの糞が原因でトイレや配管に問題が起きた場合、以下の解決法を試してみることができます。
糞の迅速な除去: ペットの糞を見つけたら、素早く取り除きます。適切な手袋を着用し、汚れを拭き取ります。糞をそのまま放置すると乾燥し、固まる可能性がありますので、早めの対応が重要です。
トイレの定期的な清掃: ペットの糞がトイレボウルに落ちた場合は、トイレの定期的な清掃を行います。トイレ掃除用の洗剤やブラシを使用して、糞や汚れをしっかりと取り除きます。
配管のメンテナンス: 糞が配管内に詰まる可能性がある場合は、配管のメンテナンスを行います。定期的な配管清掃やパイプクリーナーの使用を検討し、糞や詰まりを予防します。
ペットのトイレトレーニング: ペットのトイレトレーニングを行うことで、糞を適切な場所に排泄する習慣を身につけさせます。トイレトレーニングの方法やアドバイスを水道屋やトレーナーから受けることもおすすめです。
ペットの食事管理: ペットの食事管理を適切に行うことも重要です。バランスの取れた栄養を与え、消化や排泄の健康を促します。適切な食事管理は、糞の量や質をコントロールする上で役立ちます。
以上の解決法を試してみることで、ペットの糞による問題を軽減することができます。ただし、深刻な問題や詰まりが発生した場合は、水道屋やプロの助けを借りることが必要です。


受付からの手順


受付センター
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.