トイレを詰まらせないための対策が必要

水道業者

ペットの排泄物の正しい処理方法

ペットの排泄物をトイレから流して詰まらせてしまうというトイレ詰まりの修理依頼が多くあります。そもそもペットの糞は、どのように処理するのが正しいのでしょうかをお伝えしておきます。
推奨されている処理方法は、自治体によって異なります。
トイレから流して処理することも可能と定めている自治体もあれば、そうしないよう求めている自治体もあります。
どうして処理方法に相違があるかというと下水処理能力に違いがあるためです。下水処理に問題が起きれば人間の身体には含まれない菌が処理されないまま流されてしまう可能性もあるから回避するためだそうです。
後の責任リスクを避けるためにも、お住まいの自治体が定めている条項を確認してみましょう。許可されていない場合には、ペットの糞を可燃ごみとして処理してください。

施工事例
浴室の蛇口を交換 流し台の後ろで水漏れ

トイレに流すことを許可されている自治体においても、トイレが詰まらないよう細かく分けて流す必要があります。一度に大量の糞を処理したいときでも、少しずつ分けて慎重にトイレから排水するようにしましょう。節水型トイレを使っている場合には、できるだけ水量が多い「大」で流していく必要があります。
また、ペットにドライフードを与えているときは、便も硬くなりがちです。袋の上から揉んで少し柔らかくしてから排水すれば細い排水溝内でも詰まりにくくなります。

ですが、いくら注意をしていてもトイレ詰まりが発生するときには起きてしまいます。
詰まらせないためにも、当社では、「可燃ごみ」として処理するように推奨しています。
理由としては、ペットの糞には、粘着性があり節水型トイレでは、洗浄水の水量を考慮すると排水経路上で残存してしまう可能性があるからです。
トイレからペットの排せつ物を流さずに可燃ごみとして出す方法を選択するのがおすすめです。排水管の状態や環境によっても通常よりも詰まりやすくなっていることも考えられます。リスク回避をするためにも、できる限りリスクを避けた方が良いでしょう。

自治体の規則確認をしたら、その上でご自身にとってベストな処理方法を自己責任で決定してください。


水道代が急騰している 水が流れっぱなしになった
水道修理業者
水道管が破裂した 便座が勢いよく下がる

基本料金
受付からの手順


受付センター
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.