蛇口のトラブルを見極める

で水道・トイレの故障を修理

蛇口トラブルについて

蛇口のトラブルで厄介なのが水が止まらなくなった時です。その場合には、水側とお湯側の止水栓を両方閉じることで蛇口からの漏れは止まります。止水栓が設置されていない場合や設置場所がわからない時には、元栓を閉栓することで給水がすべて止めることができます。その後、修理業者に修理依頼すると良いでしょう。

水道が出ない・出にくい
蛇口の投水口に汚れがたまってしまうと水道が出にくくなります。これは、蛇口を永くご使用されていてベース部の金属がはがれてたまってしまうことも10年以上使われている蛇口でしたら見られる現象です。そんな水道の出てくる勢いが弱くなったと感じたら汚れを取り除いてみましょう。また、止水栓の閉めすぎで水道が出にくくなることもあります。温水の場合は、冬場の凍結のため出なくなることも寒冷地ですとある現象です。寒冷地でなければ一時的なものなので解凍するまで待つのもよいでしょう。

蛇口の水漏れ
蛇口に使われているパッキンやカートリッジなど、長期間使っているとどうしても劣化してくる消耗品です。水漏れしてくるなと感じでしたら、新しい部品に交換しましょう。また、ナットが緩んで水漏れしていることもまれにあります。こんな時は、締め増すと水漏れが改善することがあります。

立水栓を破損させた
駐車場などに設置してある立水栓(蛇口)に車をバックさせている時にぶつけてしまったり、物を当ててしまって折れて破損させてしまうことがあります。勢い良くぶつけてしまうと水道からものすごい勢いで水が噴き出るので早急に修理する必要があります。このような場合には、水道の元栓を閉じることでとりあえず上水道を止めることができますが宅内全部が止まってしまうことになります。できるだけ早く折れてしまった立水栓を修理する必要があります。また、今後はこのようなトラブルを防ぐために蛇口の周囲に車止めなどを設置しておくといいでしょう。

蛇口の水が止まらない
止水栓が設置されている箇所でしたら、止水栓を閉じることによって止めることができます。それ以外には、水道の元栓を閉栓するしかなく、その場合には、宅内全ての水道が使えなくなります。従って、できるだけ早めの修理が必要になってきます。


水まわりのコラム
自力で便器の詰まりを解決 風呂の排水口が詰まった
判断するのも大切 お風呂場の詰まりの原因
無料の電話相談
ナプキンやおむつを排水した! 排水口に物を落とす
お風呂の意外な弱点 パイプやホースから水漏れる

※ 経年劣化とは、ご使用になられた年月により物が古くなり劣化していくという「自然現象」をいいます。空気や光、水などに物が晒されて劣化していき、蛇口の部品に常に水や水圧に晒されているので劣化が起こります。蛇口栓の経年劣化が起こる目安となるのが蛇口の寿命で目安としては、使用頻度にもよりますが約10年前後といわれています。
ご使用の環境にもよりますが使い始めてから約10年経過すると中の部品などが劣化して水漏れが起こりやすくなります。
レバー混合水栓カートリッジ劣化による水漏れ、ハンドル混合水栓のケレップの劣化による水漏れなどです。裂開していくとレバーや胴体の接続部分から徐々に水が漏れてきます。この状態ですと放置していてイも自然回復することがなく部品の交換。あるいは、蛇口本体の交換となります。


水まわりのコラム
蛇口から黒い水がでてくる 異物が排水口から流れた
風呂場で下水や腐敗臭がする シンクや流し台の掃除について
緊急水道業者
排水が詰まる原因になる主因 自力でできる台所の詰まり
台所の詰まりを予防する対策 排水口から物を落とした
詰まりを解消する心得 水回りから悪臭がする原因


水道設備・蛇口の修理が御座いましたらご気軽にご連絡下さい。サービススタッフが迅速に現場にお伺いをして水トラブルを解決致します。


料金表

トラブル解決までの手順

受付センター
横浜市のトイレ詰まり
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.