症状と原因についてのご紹介

で水道・トイレの故障を修理

水トラブルの症状と原因

水漏れや詰まりなど、水に関するトラブルは多種多様です。
症状の一部では御座いますがご紹介しておきます。

蛇口のトラブル
症状 原因
蛇口の先から水漏れ コマパッキン(ケレップ)の消耗劣化
蛇口の上部から水漏れ 三角パッキン・Uパッキンの消耗劣化
ハンドルの空回り スピンドル・パッキンなどの部品不良
蛇口のグラつき 蛇口の破損、緩み、座金の緩み
シャワーヘッドの水漏れ 破損・ゆるみ・パッキンの消耗
温度調整の不良 サーモスタッド不良・給湯器のトラブル
蛇口の付け根から水漏れ カードリッジ・パッキンの消耗劣化
水を止めるとガンガと音がする ウォーターハンマー現象
ハンドルが硬い カードリッジ不良・内部金具の劣化・ナットの締めすぎ
水圧が弱い ストレーナーの不具合・止水栓の閉めすぎ・ポンプ不良

トイレのトラブル
症状 原因
タンク内の水漏れ ボールタップ・フロートの劣化・破損
投水口からの水漏れ ボールタップ・フロートの劣化・破損
トイレの水が止まらない 内部金具の劣化・破損
タンクの下から水漏れ 密結パッキン・密結ボルトの劣化など
便器の下から水漏れ ガスケット不良、排水詰まり、便器の破損。シャワートイレなどの外部要因
給水パイプの水漏れ パッキンの消耗劣化・パイプの不良
レバーが空回り 内部部品の破損・レバーの破損
タンクに水が溜まらない 部品の不具・フロート動作不良
流した後ボコボコ音がする 詰まり・異物を落としている・ガスケット不良・通気口のトラブルなど

取扱いメーカーー

その他のトラブル
症状 原因
家中の水が出ない 断水・水道管の破損・凍結・井戸ポンプの故障、元栓・止水栓の閉栓など
家中の排水が詰まった 排水管の詰まり
水道料金が高くなった 水道管の漏水・蛇口のトラブル・トイレタンクの水漏れなど
壁の中で水漏れの音 水道管の破損・雨水による漏水
家中のお湯が出ない 給湯器のトラブル・ガスの閉栓や停止
キッチンの下から水漏れ 排水トラブル・蛇口や水道管からの水漏れなど
排水の臭い 排水管の汚れ・防臭キャップのはずれ、生ごみなど

この様に例に挙げればきりがないくらいでてきます。水のトラブルでお困りの時には、どこで不具合が起きているか注意深く調査してみればある程度、原因がわかります。目で見えない箇所でトラブルが起きている可能性もあります。目視でわからない時には、原因調査のご依頼下さい。

水トラブルの考え方

水トラブルは、生活にとって非常に不便で困ることがあります。以下に水トラブルに対する考え方のポイントをいくつか紹介します。

●予防:水トラブルを防ぐためには、定期的なメンテナンスや注意が必要です。水道設備の点検や清掃を定期的に行い、漏水や詰まりの兆候を早期に察知することが重要です。
●迅速な対応:水トラブルが発生した場合は、できるだけ早く対応することが大切です。水漏れや詰まりは放置するとより深刻な被害をもたらす可能性があります。必要な場合は専門の水道修理業者に依頼し、迅速かつ適切な修理を行いましょう。
●適切な使用:水道設備や排水設備は正しく使用することが重要です。異物を流さない、適切な量の水を使用する、適切な方法で清掃するなど、設備の取扱いには注意が必要です。
●管理会社や大家との連絡:賃貸住宅で水トラブルが発生した場合は、管理会社や大家に速やかに連絡し、適切な対応を依頼しましょう。賃貸契約や管理規約に基づいて修理費用や責任の範囲が定められている場合がありますので、関係者とのコミュニケーションを大切にしましょう。
●保険の確認:水トラブルによる被害が生じた場合、火災保険や賃貸住宅の家財保険などの保険を確認して適用範囲を把握しましょう。必要な場合は保険会社に連絡し、適切な補償を受ける手続きを行いましょう。

水トラブルは生活に大きな影響を与える可能性がありますので、予防や迅速な対応が重要です。適切なメンテナンスや正しい使用方法を心掛け、必要な場合には専門家の助けを借りることで、水トラブルを最小限に抑えることができます。

水トラブルは、早めの対処が必要
水トラブルは放置するとより深刻な問題に発展する可能性がありますので、早めの対処が重要です。以下に、水トラブルが発生した場合の初動対応についていくつかのポイントをご紹介します。
●危険の有無を確認する
水漏れや水溜まりがある場合は、まず安全を確保しましょう。電源を切る必要がある場合は、適切に電源を遮断してください。
●水の供給を止める
水漏れがある場合は、水の供給を止めることが重要です。トイレの場合は、タンクの給水弁を閉めるか、主回りの水栓を閉めます。
●修理を依頼する
水トラブルは専門知識と適切な道具が必要な場合がありますので、自己修理が難しい場合は、管理会社やオーナーに修理を依頼しましょう。連絡先や手続き方法は、契約書や管理会社との契約内容に記載されているはずです。
●修理作業までの仮処置
修理作業が行われるまでの間、仮処置を行うことができる場合は行いましょう。例えば、バケツやタオルを使って水漏れを受け止めたり、被害範囲を限定するためにビニールシートを設置するなどの対策が考えられます。
●詳細を報告する
修理を依頼した後は、詳細な状況や報告を管理会社やオーナーに行いましょう。修理作業の進捗状況や費用負担についても確認しておくと良いでしょう。

水トラブルは放置すると建物や設備に大きな被害をもたらす可能性がありますので、早急な対応が必要です。必要な手続きや連絡先を把握し、迅速かつ適切に対処することが重要です。

トラブル解決までの手順

低料金を語り悪徳な営業をしている水道業者もいるので注意が必要です。特にお客さまの大切な資産を守る場面もあります。こんな場合には、特定商取引法のクーリング・オフを悪徳な水道業者に伝えましょう。それでもダメな場合には、お客様がお住いを管轄する警察や消費者相談センターを活用するとよいでしよう。
水漏れや詰まりなど水道修理が必要になった場合には、評判が良く、信頼できる水道修理会社を選ぶことが重要です。不足かつ任意の不測の事故がサービス中に発生した場合でも適切な対処をしてくれます。さらに、それは会社が正当であり、心の平和をあなたに提供し、水道業界の規制を遵守していることも保証しています。さらに、事故が発生した場合でも保険適用されることでスタッフがお客様の敷地内にいる間やお客様の代わりに作業している間も常に適切に保護されることが保証されています。


受付センター
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.