異物で排水の妨げとなる

N.HARVEST

スマホを落下させる修理依頼が急増中

スマホを便器の排水中に落としてしまうケースが増えています。
できればトイレ内には持ち込まないほうが良いのですが、ライフスタイルによってはそうもいかないものです。しかし、便器の内側に落下させてしまったら水濡れでスマホが故障する心配が多大です。
スマホの大きさによって便器のトラップで引っかかってしまったり排水配管の奥の方に流れていってしまうなどサイズによって大きく変わってきます。比較的小さいサイズのものであれば便器と床をつなぐフランジを超えてしまってかなり奥の方まで流れにくいこともあります。
この時には安全策として止水栓を閉じて水の流れを止めてからゴム手袋をしてゆっくり静かに排水口から手を入れて取り出すと良いでしょう。
このとき、ラバーカップや真空ポンプは利用しないでください。スマホはそれなりに重さがあり、ラバーカップや真空ポンプは、重さのあるものを取り出すことには向いていません。
また、前述の通り、使用時の勢いでトラップを超えてしまって、さらに奥の方に流れていってしまうことがあります。そうなると個人で取り出すことがほぼ絶望的で業者としても非常に難しくなり状況次第では水道配管の引き換え工事が必要になってしまうこともあります。
スマホの故障を避けるためにも電気の風水を汲み上げて水に浸っている時間を極力短くするようにするべきです。水没はスマホの故障の原因の最大の原因となっています。スマホの構造上、水濡れで壊れる部品に水が到達するまでしばらく時間がかかりますので、この間に取り出しましょう。取り出したら絶対に乾燥するまでは電源を入れないようにしましょう。


山口県内地域紹介
山口市 萩市 長門市 宇部市
下関市 美祢市 防府市 周南市
下松市 光市 山陽小野田市

取扱いメーカーー

トラブル解決までの手順


受付センター
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.