異物を排除しないと詰まりが悪化していく

N.HARVEST

異物を排水口から落としてしまったら

詰まりを解消する手段のひとつとしてラバーカップや真空式パイプクリーナーの使った解消方法があります。
しかし、詰まりの原因が有機物ではない場合には、効果がない可能性があります。例えば、は箸やスプーンを排水口から落としてしまった場合には、ラバーカップを使用しても回収することができません。
誤って落としてしまった場合には、シンクと排水管をつなぐをパイプや排水ホースを分解して、この部分に引っかかっていないか確認してみましょう。しかし、確認できる部分にも残存していない場合には、後の詰まりが発生してしまう前に必ず落としたものを取り出しましょう。自分で解決することができなかった時には、水道業者に相談すれば対処方法を教えてくれたり解決してくれます。
詰まりを予防するためには、日々の「まあ、いっか」の蓄積で排水経路が目詰まりを誘発するように悪化していきます。排水菅の詰まりを予防するためには、細かい食材クズを排水口から流してしまわないようにしましょう。シンク横に置いている三角コーナーにネットを使用するだけでなく排水口に装備されているゴミ受け皿にもネットを使用するのがおすすめです。
しかし、油分や汚れが流れていってしまうことが日々の生活の中で避けることができません。そのため、シンクを使ったら、桶1杯の水を排水口から流すことで詰まりを予防することができます。
日々のシンクの汚れで排水管に汚れを付着させないためにも効果がありますので対処してみましょう。ちょっとした手間で食材クズの腐敗を予防できたたり悪臭の発生を抑える効果が望めます。


千葉市のエリア紹介
松戸市 船橋市 市川市 八千代市
柏市 野田市 流山市 我孫子市 印西市
無料の電話相談
鎌ヶ谷市 習志野市 佐倉市 浦安市

取扱いメーカーー

トラブル解決までの手順


受付センター
copyright©2019 N.HARVEST(マリン水道グループ) all rights reserved.